ホーム

口腔外科

親知らずが痛む ~歯科口腔外科~

口腔外科とは、「親知らずが痛い!」、「顎に違和感がある?」など、お口に関連する器官に発出した疾患に対し、診断、治療を行なう歯科領域です。埋伏歯・顎関節症・歯に起因する炎症・口内炎・良性腫瘍・顎嚢胞・粘液嚢胞・舌小帯強直症・外傷などを治療対象としています。
当院では、親知らずの抜歯や顎関節症治療などの口腔外科治療にも対応しています。

親知らずの治療

永久歯がすべて生え揃った後に、奥歯のさらに奥に生えてくる歯のことを「親知らず」と言います。親の手を離れたころに生えてくるから「親知らず」というわけです。骨格の差により生えない人もいますし、生えるタイミングにも個人差があります。
実はこの親知らずは、かつて通常の奥歯として使われていました。しかし現代人は顎が小さくなったため、横向きに生えたり、斜めに生えたりすることが増え、それによって痛みなどのトラブルを生じるケースが多くなってきたのです。
正しい向きに生えない場合、汚れが蓄積しやすくなり、むし歯や歯周病のリスクを高め、抜歯が必要になるケースも少なくありません。
抜歯の要・不要、また抜歯のタイミングは、患者さんによって異なりますので、親知らずが気になっている方はぜひお早めにご相談ください。

抜歯するかどうかの目安
抜歯が必要な場合

●親知らずの一部が歯ぐきに埋まっている
●手前の歯を圧迫し、歯並びを乱している
●歯みがきが行き届きにくくなっている
●親知らずの周囲が、むし歯や歯周病になっている

抜歯の必要がない場合

●正しい向きに生えていて、通常の奥歯と同様に問題なく使えている
●周囲の歯に、特に悪影響を与えていない
●歯みがきを問題なく行うことができる

重度の場合

全身麻酔による治療や入院を伴うような重度の疾患は、責任を持って提携している大学病院などをご紹介いたします。

●土曜日、日曜日も診療しています
●土曜日、日曜日は15:00までの診療(延長の場合もあります)
●祝日休診
●矯正診療日に無料相談会を実施しています
●総武線両国駅より徒歩3分/大江戸線両国駅より9分
●駐車場なし「ビル地下駐車場、近隣のパーキング」をご利用ください
●バリアフリーですので、車イスの方でも安心してご来院ください

PAGE TOP