ホーム

小児歯科

お子さんの歯が大人になるまでずっと健康であってほしいと願う親御さんへ

小さなお子さんのお口にむし歯がない健康な状態を維持出来れば、将来大人になったときに、歯のトラブルで苦しむ可能性が大幅に減ります。また、たとえむし歯になっても、歯科医院へすぐに行ける習慣が身についていれば、手遅れにならずに痛い思いをせずに済むでしょう。
お子さんを歯医者嫌いにしないコツや、保護者の方に気をつけていただきたいこと、小児歯科診療メニューについてご紹介します。

小児歯科について

小さなお子さんの歯は生後半年くらいから生えてきますが、そのときからむし歯との戦いは始まっています。歯医者へはどこか悪いところが出て来てから行くのではなく、症状が出る前に、予防のために行くのが正しい考え方です。当院の小児歯科では、ご家庭でのブラッシング習慣や食習慣に対するアドバイスなどを通して、お子さんと親御さんをしっかりサポートいたします。「今のところ何も問題がない」という方こそ、ぜひご相談ください。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんが歯医者に対して苦手なイメージを持たずにいられたら、どんなにお子さんにとって良いことか...歯科医師としては願わずにはいられません。将来自分で歯の健康管理をしなければいけなくなった時にどんなに困らずに済むか。しかし、小さい頃から苦手意識を強く持ってしまうと、気軽に歯医者に通院することができず症状の悪化を招きやすくなるでしょう。通常、1歳半検診や3歳児検診などで歯科医院を受診されると思いますが、このタイミングをきっかけに、歯医者通いの習慣をつけていただくのがおすすめです。ご家庭でのセルフケアも重要になりますので、親御さんへのご指導も含め、歯医者を嫌いにさせない努力も歯科医院の責任であると考えています。

当院の小児歯科診療内容

ブラッシング指導

ブラッシング指導では、お子さんの年齢や発育状況に合わせて、歯ブラシの選び方、当て方、動かし方などを丁寧にご指導します。楽しんで歯磨きが上手にできる子になってもらいたいと願いアドバイスしています。お子さんが小さいうちは、親御さんの仕上げ磨きについてもアドバイスいたします。

正しいブラッシングによるプラークコントロールが身に付けば、「むし歯~歯肉炎~歯周病予防」が可能となりますので、一生涯自分の歯で食べられるようになります。

フッ素塗布

歯質を強化し、むし歯予防効果が期待できるフッ素を歯の表面に直接塗布します。歯の質を強くし、むし歯になりにくくします。歯全体のむし歯予防にもなりとても効果的です。

歯科医院で扱っているフッ素は市販のものより強力ですが、持続性はありませんので、3~4ヶ月に一度定期的にフッ素塗布を受けていただくことをおすすめします。

ただし、あくまでも予防処置ですので、必ずむし歯にはならないというわけではありません。

シーラント

シーラントは、むし歯になりやすい奥歯の咬み合わせ面にある複雑な形状をした溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいでしまう処置です。プラークの付着を抑え、ブラッシングしやすくして虫歯の予防につなげます。シーラントは少しずつすり減っていきますので、こちらも定期的な処置が必要です。

 

親御さんへメッセージ

お子さんの「はじめての歯科受診」は早ければ早いほど、効率よくむし歯予防に取り組めます。また、歯医者の雰囲気に慣れたお子さんの場合は、歯医者や治療を怖がることも少なくなります。当院には女性のドクターも在籍しているため、男性を怖がるお子さんでもきっと安心して受診していただけると思います。将来のお子さんのお口の健康のために、ぜひ一緒に取り組んでいきましょう。

●土曜日、日曜日も診療しています(臨時休診あり/要電話確認)
●土曜日、日曜日は15:00までの診療(延長の場合もあります)
●祝日休診
●矯正診療日に無料相談会を実施しています
●総武線両国駅より徒歩3分/大江戸線両国駅より9分
●駐車場なし「ビル地下駐車場、近隣のパーキング」をご利用ください
●バリアフリーですので、車イスの方でも安心してご来院ください

PAGE TOP