ホーム

一般歯科

早期発見・早期治療、最適な治療方法をご提案しています

墨田区両国駅から通える両国シティコアにあります「しまくら歯科クリニック」では、保険診療をを基本に、質の高い歯科医療サービスのご提供に努めています。一般歯科で取り扱う治療の代表は、「むし歯」ですが、一口にむし歯治療と言っても、その方の年齢や生活環境、むし歯の性質などによって治療方法は変わります。当院では患者さんのさまざまな状況を考慮し最適な治療方法をご提案しています。
「冷たいものがしみる」、「歯が変色してきた」など、むし歯の初期段階かもしれません。一度進行してしまったむし歯は自然には治らないため、お口の健康を守るためには早期発見・早期治療が大切です。お早めに当院へご相談ください。

むし歯のメカニズムについて

むし歯は誰もがなる可能性のあるお口のトラブルです。むし歯のメカニズムは解明されており、その仕組みを理解していれば効果的に予防することができます。どうしてむし歯になるのか、そのメカニズムを知って予防に役立てましょう。

むし歯を招く条件と3つの要素
細菌(むし歯菌)の数

むし歯は、むし歯菌が作り出す酸によって歯質が溶かされてしまう病気です。そのため、お口の中のむし歯菌が多ければ多いほどむし歯になりやすくなります。

お口に残る糖分の量

むし歯菌は、お口に残っている糖分を栄養源にして酸を作り出します。そのため、お口に残っている糖分の量が多ければ多いほどむし歯になりやすくなります。

歯質の弱さ

歯質の強さ(弱さ)には生まれつき個人差があり、歯質が弱い人の場合は虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされやすくなります。

むし歯にならないためにはご家庭でのセルフケアが最も重要です

歯科医院に定期的に通うことはとても大切なことですが、ご家庭でのセルフケアも重要です。毎日しっかり歯の手入れを行うことで、むし歯になりにくい口腔内環境を保つことができます。また、市販で販売されている低濃度のフッ素配合(950ppm)の歯磨き粉を使用することで、さらに予防効果を発揮できます。

重度のむし歯でも「根管治療」で歯の喪失をできるだけ防ぎたい

根管治療(こんかんちりょう)とは、重度のむし歯になった場合でも歯を抜くことなく治療する方法です。
重度のむし歯は、神経にまで細菌に冒され、抜歯しなければならなくなってしまいます。歯の神経を取って根管を洗浄し、神経の代わりに薬を詰めてフタをする治療です。
当院では、できるだけ抜かないことを大切にしていますので、根管治療は歯を抜かないで済ます重要な治療です。

●土曜日、日曜日も診療しています(臨時休診あり/要電話確認)
●土曜日、日曜日は15:00までの診療(延長の場合もあります)
●祝日休診
●矯正診療日に無料相談会を実施しています
●総武線両国駅より徒歩3分/大江戸線両国駅より9分
●駐車場なし「ビル地下駐車場、近隣のパーキング」をご利用ください
●バリアフリーですので、車イスの方でも安心してご来院ください

PAGE TOP