小児歯科

【嫌いにならないように...】
当院では、できるだけ歯を抜かない、できるだけ削らない治療を心がけています。特にお子さんの治療は、将来を考え、歯医者嫌いにさせないよう「痛み」のコントロールに気を配っています。
ご家庭でのセルフケアも重要になりますので、保護者の方へのご指導も含め、歯の寿命を守ることが歯科医師の責任であると考えています。

 

  

【ブラッシング指導】
むし歯予防には、保護者の方による正しい歯磨きが最も重要となります。歯ブラシの選び方、使い方、仕上げ磨きなどブラッシングのご指導をいたします。正しいブラッシングによるプラークコントロールが身に付けば、「むし歯~歯肉炎~歯周病予防」が可能となりますので、一生涯自分の歯で食べられるようになります。

 

 

【フッ素塗布】
歯の表面にフッ素を塗布し、歯の質を強くし、むし歯になりにくくします。歯全体のむし歯予防にもなりとても効果的ですが、あくまでも予防処置ですので、必ずむし歯にはならないというわけではありません。

 

 

 

【シーラント】
シーラントは、奥歯の咬合面にできるむし歯の予防方法です。むし歯になりやすい奥歯の永久歯(六歳臼歯)の溝を接着力のあるシーラント剤(プラスチック)で埋めます。シーラント剤は削ったときに詰めるものと同類のレジンという材料で、長期間では、はがれてしまうことも考えられますが、短期的にはきちんと詰めれば効果的です。